施術が怖い人におすすめできる切らないフェイスリフト

ウーマン

メスを使わないから安心

ドクター

注射や糸を使った治療方法

顔のほうれい線やタルミを消したい時は、美容整形でリフトアップの治療を受けることが解決策です。リフトアップの治療には切開してタルミを持ち上げる施術のほか、切らないフェイスリフトもありますから、顔にメスを入れたくない場合でも問題ありません。切らないフェイスリフトではヒアルロン酸注射もポピュラーな方法で、皮膚の弾力が弱くなった部分に注入して、ハリやボリュームを回復させる施術です。施術時間は注入箇所の数などにより異なりますが、早ければ10分前後で完了することも少なくありません。そのほか、脂肪を注入する方法もあり、こちらも切らないフェイスリフトになっています。注入する脂肪は自分の脂肪を使うことが多く、最初に脂肪を採取してから、顔の気になる部分に注射していくことが一般的です。また、脂肪を採取する部分は自分で選べる場合が多いため、カウンセリングの時に相談しておくと良いでしょう。自分の脂肪を注入した場合ですと、ヒアルロン酸と違って概ね半分ほどの量が定着しますので、リフトアップ効果が比較的長く続いてくれます。また、より優れた効果を望む場合は、体に吸収される特殊な糸を用いたリフトアップが有効です。この方法はタルミを糸で持ち上げるため、切らないフェイスリフトの中でも、特に効果が高い方法となっています。使用する糸によりましては表皮の下層の真皮で溶け、コラーゲンの再生を促進してくれますから、ツヤやハリに働き掛ける美肌効果も望めるのです。